最新ヤクザニュース
あいさつ
最新ヤクザニュース > その他 > ヤクザの挨拶『ご苦労様です』は正しい?

ヤクザの挨拶『ご苦労様です』は正しい?

タグ:
裁判所を通さず利息を無くし、月々の返済額を下げる裏ワザを知っていますか? みつ葉司法書士事務所司法書士や弁護士に依頼すれば、費用が高いと思っていませんか?借金問題の専属チームなのでスムーズにしかも安く依頼が可能です!成功報酬なので、初期費用など一切無料!どんどん相談してください!!

【無料診断】借金を今すぐ減らしたい方はコチラへ


どの世界でも挨拶は基本で、礼儀マナーです。
一般社会においても挨拶はとても大切です。

上司や同僚、取引先などあいさつをしない日なんて無いと思います。

もちろん裏社会のヤクザも、挨拶をしています。

ヤクザの挨拶はご苦労様です?

よくヤクザ映画の中で、若い衆が若頭や組長に『ご苦労様です』と言っていますが、目上の方への挨拶としては実は失礼にあたります。
目上の方には『ご苦労様でございます』が正しいのです。

聞きなれなくて違和感がありますが、目上の方には『ございます』が本当は必要です。

上下関係によって言い方が変わりますが、下記のような言い方が一般的と思われます。

①組長や若頭等が下っ端の者へ『ご苦労』
②階級が近い下の者へ『ご苦労さま』
③下の者が目上の方へ『ご苦労さまです』
④下の者が組長や若頭等へ『ご苦労さまでございます』

ヤクザの挨拶でお疲れさまは不適切?

挨拶

一般社会では、お疲れ、お疲れさま、お疲れさまです。と使われますが、ヤクザの挨拶ではあまり使われません。
もともと、お疲れさま、ご苦労さまは目上の方が下の者に対して、ねぎらいの言葉として使われる言葉でした。

しかし、近年ではその境界線があいまいになっており、人として、また社会人としてのマナーとなっています。

一部、年配の方の中には、年下の者に『お疲れ様です』『ご苦労様です』と言われると、不愉快に思う方がいるのも事実です。

ヤクザの挨拶まとめ

目上の方には、ご苦労様ですではなく、ご苦労様でございます。が本当は正しい
ヤクザの挨拶はお疲れ様ですではなく、ご苦労様です。が多く使われる。
日本語って難しいですよね

裁判所を通さず利息を無くし、月々の返済額を下げる裏ワザを知っていますか? みつ葉司法書士事務所司法書士や弁護士に依頼すれば、費用が高いと思っていませんか?借金問題の専属チームなのでスムーズにしかも安く依頼が可能です!成功報酬なので、初期費用など一切無料!どんどん相談してください!!

【無料診断】借金を今すぐ減らしたい方はコチラへ

この記事はお役にたてましたか?

以下のソーシャルボタンより共有して頂けます。