最新ヤクザニュース
ヤクザの世界
最新ヤクザニュース > その他 > ヤクザの世界聞きたくても聞けない裏社会情報

ヤクザの世界聞きたくても聞けない裏社会情報

タグ:

ヤクザの世界聞きたくても聞けない裏社会情報

ヤクザの世界とは

怖いけど気になる、聞きたくても聞けない裏社会

薬物、詐欺、賭博、傷害さまざまな犯罪行為を行い、時には誰かを射止める。

ヤクザの世界に入る者は、非行少年が昔は多かった。
しかし、現在は喧嘩や力だけではヤクザは務まらない。

なぜなら、法律や条例の締め付けで以前のような資金集め(シノギ)が出来ないからだ。

ヤクザの世界みかじめ料

みかじめ料

最近ではみかじめ料代わりに、観葉植物やマットなどを企業舎弟とリース契約を結び、みかじめ料を徴収している。
表向きは一般企業との契約になるが、実際はヤクザの子会社となる。
当然、料金は高く、一度契約すれば解約は難しい。
表向きはみかじめ料の徴収は少なくなったように見えるが、実際はこういった方法で、みかじめ料は徴収される。

ヤクザの世界オレオレ詐欺・特殊詐欺

オレオレ詐欺

近年被害額が増え続けている特殊詐欺、いわゆるオレオレ詐欺はヤクザの資金源となっている。
オレオレ詐欺、特殊詐欺グループを管理し、莫大な資金を得ているヤクザ組織がある。
しかし、捕まるのは出し子や掛け子と呼ばれる末端の人間だけで、組織の上層部まで逮捕者が出る事は少ない。
複数のマニュアルが用意されており、いろいろな台本で高齢者を騙し続けている。
TVや新聞などで大々的に告知されており、高齢者の多数も認知しているはずだが、詐欺グループの手口は巧妙で、これから先もまだ被害者は増え続ける事だろう。

ヤクザの世界闇カジノ・賭博

博徒

闇カジノやバカラ賭博など摘発を逃れる為に、店の場所を転々とし賭博を行って資金を集めている者もいる。
ギャンブル依存症の人間は、一度快感を得てしまうとそう簡単には抜け出せない。
近年ではインターネットカジノが普及し、海外のインターネットカジノにアクセスし、賭博を行う店もある。
海外では合法的なインターネットカジノでも、日本国内からアクセスし賭博行為を行えば違法である。
もちろん、接続場所を提供する店の運営も違法である。

ヤクザの世界違法薬物の売買

覚せい剤

違法薬物(覚せい剤やコカイン、大麻など)の売買を行い、非合法的な方法で資金を集めているヤクザ組織も存在する。
主に海外から密輸される薬物は、逮捕覚悟で密輸する者や、船を利用して大量の薬物を持ち込む者もいる。
大麻(マリファナ)に関しては、日本国内で工場内で栽培する組織もいる。
薬物を使用して、快感を得てしまった場合、簡単には抜け出す事は出来ない。
お金が底をつき、人を騙したり、犯罪で得たお金を全て薬物の購入にあててしまう。
薬物なんて使用してはいけない。

ヤクザの世界まとめ

ヤクザの世界は詐欺や賭博、薬物売買などを中心に違法な方法で資金を得ている。
最近では法律や条例の締め付けが厳しくなり活動しづらくなってきているが、ヤクザ自体が完全に無くなる事はないだろう。
今よりもっと巧妙な手口で資金を集め続ける事だろう。
これがヤクザの世界の現実だ

この記事はお役にたてましたか?

以下のソーシャルボタンより共有して頂けます。