【ヤクザ動画】山口組分裂抗争の歴史

オフ 投稿者: 89383

1984年山一抗争のドキュメント動画

山口組内の四代目跡目問題で山口組組長代行・山本広の擁立に関わった陣営が、1984年6月の竹中正久四代目山口組組長襲名を機会に山口組を脱退。山本を会長として「一和会」を結成した。結成当初は7000人対6000人と山口組より構成員数で優勢であったものの、山口組側の切り崩しにより次第に劣勢に立たされていった。後に両団体は抗争事件(山一抗争)へと発展したが一和会の劣勢は変わらず、これを挽回するために竹中暗殺を計画し、竹中行きつけのマンションに部屋を借りるなど周到な準備を行った上で、1985年1月、竹中と同行していた同組若頭・中山勝正、警護役の同組若中・南力の3名を射殺した。山口組の序列1位及び2位を殺害し優勢に立つかと思われたが、これにより逆に山口組側からの激しい報復を招くこととなった。
1987年2月に抗争は終結したが、ほぼ一方的な山口組からの攻撃や抗争の長期化で最高幹部の脱退や引退が相次ぎ勢力は激減し、1988年5月には、一和会序列2位の副会長兼理事長・加茂田重政が引退に追い込まれ加茂田組を解散した。 1989年3月19日に山本が神戸市の東灘警察署に出頭、自身のヤクザからの引退と一和会解散を表明し会は消滅した。

楽天銀行デビットカード

クレジットが作れない方でもデビットカードがあれば超便利!

U-NEXT

レンタルビデオ?そんなのもう時代遅れです。

給料債権ファクタリングで即日現金調達

給料債権ファクタリングで即日現金調達