山口組最大勢力の弘道会組員、神戸で発砲事件組関係者は重傷し犯人は原付バイクで逃走

山口組最大勢力の弘道会組員、神戸で発砲事件組関係者は重傷し犯人は原付バイクで逃走

オフ 投稿者: 89383

山口組最大勢力の弘道会組員、神戸で発砲事件組関係者は重傷し犯人は原付バイクで逃走

21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内町9の建物付近で「暴力団員が撃たれた。容疑者が逃走している」と消防から110番があった。葺合署によると、建物は指定暴力団山口組(神戸市灘区)の最大勢力「弘道会」(名古屋市)が拠点として使用。同会関係者とみられる男性が重傷を負い、発砲した何者かが単車で逃走した。兵庫県警暴力団対策課は同日、殺人未遂容疑で同署に捜査本部を設置した。

同署などによると、男性は50歳ぐらいとみられ、腹や腕、太ももを撃たれたが、意識はあるという。男性は車で買い物に行った帰りで、建物前に車を止めて運転席にいたところ、フルフェースのヘルメットをかぶってスクータータイプの単車に乗ったまま近づいてきた何者かに数発撃たれたとみられる。

今年4月18日には、山口組と対立する指定暴力団神戸山口組の中核団体「山健組」の最高幹部が、神戸市内の商店街で山口組組員に刺される殺人未遂事件が起きている。県警は抗争事件の可能性があるとみて調べる。

現場は、JR山陽新幹線の新神戸駅から約100メートル北側にある住宅街。

神戸市山口組系組員撃たれ重傷対立抗争か?

21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内(くもち)町の指定暴力団山口組直系「弘道会」神戸事務所の敷地内で、「人が撃たれた」と組関係者から110番があった。兵庫県警葺合(ふきあい)署によると、山口組系組員とみられる50歳ぐらいの男性が拳銃で腹などを撃たれ重傷。バイクで現場から逃げた男が発砲したとみられ、県警は殺人未遂容疑で男の行方を捜査している。

県警によると、男性は買い物先から1人で事務所へと戻る車を運転中、路上から拳銃で5発程度撃たれたとみられる。県警が確認した付近の防犯カメラ映像には、男性を襲撃したとみられる男が白っぽいフルフェースのヘルメットを着用して、黒っぽいバイクで大阪方面へと逃走する姿が写っていた。

現場近くに住む40代の女性は「銃声のような音が数回聞こえた。娘もいるため外出が怖い。早く犯人が捕まってほしい」と不安を口にした。

現場から南東に約1キロ離れた同市中央区筒井町の商店街では今年4月、山口組系組員が対立組織の神戸山口組系組長を刃物で刺して重傷を負わせる事件が発生。神戸側の井上邦雄組長の71歳の誕生日を今月22日に控えていたことなどから、県警は今回の事件が両組織間の対立抗争の一環だった可能性もあるとみて調べている。

山口組系弘道会の暴力団員まさかの事務所前で拳銃で撃たれ重体

21日夕方、神戸市の住宅街にある指定暴力団山口組系の暴力団事務所の前で、50代の暴力団員が拳銃で撃たれ、意識不明の重体となっています。警察は殺人未遂などの疑いで現場からミニバイクで逃走した犯人の行方を捜査しています。
21日午後6時すぎ、神戸市中央区熊内町で男性が拳銃で撃たれたという通報が警察にありました。

撃たれたのは山口組系の50代の暴力団員で、搬送された病院によりますと腹を撃たれていて意識不明の重体だということです。

警察によりますと、発砲したのは白いフルフェイスのヘルメットをかぶった男とみられ、近くの防犯カメラにはミニバイクに乗って逃走する姿が写っていたということです。

現場は神戸市の中心部からも近いJR新神戸駅のすぐそばにある山口組弘道会の暴力団事務所の前で、周辺には住宅が建ち並んでいて、弾が当たって割れたとみられるガラス片が散乱していました。

警察は、殺人未遂などの疑いで逃げた犯人の行方を捜査するとともに山口組の分裂との関連などを調べています。
近くの女性「銃声音が3発くらい 不安です」
現場近くに住む40代の女性は「午後6時ごろ、自宅でくつろいでいたら、パンパンという銃声に似たような音が3発くらいして驚いた。最近は、暴力団事務所の前の警察の見回りも以前より少なくなり、落ち着いたのかなと思っていたので、不安です」と話していました。
近所の少年「4発くらいパン、パンという音」
現場近くに住む少年は「家の中にいたら、外から4発くらいパン、パンという音がして、その後すぐにパトカーのサイレンが鳴った。発砲があったのは、これが1回目でなく2回目で、そのときもパーンという大きい音が鳴り、暴力団事務所から聞こえたので、また、銃声だと思った」と話していました。

また、少年の母親は「午後6時すぎに車で家に帰ってきた時に暴力団事務所の前の地面にガラスが落ちているのを見た。家に着いた後、息子から銃声のことを聞き、発砲で窓ガラスが割れたとわかった」と話していました。

犯人は逃走中、山口組系弘道会組員撃たれ瀕死の重傷

21日夕方、神戸市中央区にある指定暴力団山口組系の事務所前で、組員が拳銃のようなもので撃たれ重傷を負いました。

犯人は逃走していて、警察が行方を追っています。

21日午後6時すぎ、神戸市中央区熊内町にある指定暴力団山口組系の事務所前で「男性が拳銃で撃たれた」と警察に通報がありました。

50歳くらいの男性組員が腹などを撃たれ重傷だということです。 銃撃したのはフルフェースのヘルメット姿の男とみられ、ミニバイクで逃走したということで警察が殺人未遂の疑いで捜査しています。 現場はJR新神戸駅近くの住宅街です。