ヤクザになる理由 10代~40代の実態

暴対法や条例が厳しくなる中、ヤクザになる理由は人それぞれある。
厳しい規制のあるヤクザ業界に足を踏み入れる者は、今だ後を絶たない。

半グレなどヤクザ組織に属なさい若者が増える中、ヤクザ組織の門を叩く理由は、行き場の無くなった者も多い。
親がヤクザだったり、家庭環境が悪かった者も居れば、中には裕福な家庭環境で育ち、エリートからヤクザになる者もいる。

10代の不良がヤクザになるとは限らない。
10代の頃からヤクザになる者もいれば、20代、30代になってからヤクザになる者もいる。

10代がヤクザになる理由

10代の頃からヤクザになる者は、中学、高校で不良となり、暴走族などを経て先輩の誘いからヤクザになる者が多い。
家庭環境が悪く、不良になりそのままヤクザになる者、半グレグループとして活動する者が多い。
ひと昔前に比べ、ヤクザになる者は減ったが、アングラな世界で活動する若者は実は減っていない。
むしろ、警察の捜査が及ぶヤクザではなく半グレの人数は増加している。

20代がヤクザになる理由

20代でヤクザになる理由は、生活の中でヤクザと知り合い、スカウトされる者や自らヤクザに入る者が多い。
仕事や友人との付き合いの中で、ヤクザと付き合いを持ちヤクザの世界に入っていく。
半グレグループに属している者も、ヤクザとの付き合いが深くなるにつれ、ヤクザ組織の一員となる事もある。
だが、規制や上下関係の厳しいヤクザの世界から離脱する若者も多い。

30代がヤクザになる理由

30代でヤクザになる理由は、10代、20代の頃から何もとりえが無く、最終ヤクザに行きつく者が多い。
行き場の失った30代の人が最後にヤクザになる事は実は少なくない。
しかし、何も取り柄の無かった者がヤクザとしてシノギを上げる事は非常に難しい。
兄貴の使いっぱしりや、運転手など組織やアニキ達にぶら下がっている者もいる。

40代がヤクザになる理由

40代でヤクザになる理由の多くは、完全に行き場の失った者が多い。
前科があり刑務所暮らしを経験した者も多く、一般の生活が出来ない者が大半だ。
定職に就けず、行くところが無くなりヤクザに拾われる。
また、家族や身内からは愛想をつかされ頼りどころが無い者ばかりだ。